nonokoと一緒に

アクセスカウンタ

zoom RSS ついにやっちゃいました…

<<   作成日時 : 2014/08/31 15:20   >>

驚いた ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 2

ずーっとブログをご覧頂いている方には
何を今さら、という話ですが、

ののこは食べ物ではないものを
かじって飲み込んでしまうクセがあります

これまでにやらかしたのは…

 金属製の迷子カプセル→
 プラスチックの洗濯ばさみ→ 
 木の枝→
 へちまのおもちゃ→
 トイレシート→
 トイレットペーパー→ 
 ボタン→
 (9月1日一部追記)

などなど
 

さらには、食べられるものでも、
豚耳や牛皮のガムを大きいまま飲み込んで
喉に詰まらせそうになったこともあります…。

そんな前科ウン犯の要注意犬なので
今までずいぶん気をつけてきました。


なーのーにー



またやっちゃいました

今度はコレです↓
画像


牛の皮でできたおもちゃです。
(サイズ比較のためにセロハンテープを置いてます)

暑かったり天気が悪かったりで
十分に散歩できなくてエネルギーを
もてあましているときにかじらせて、

ちぎれそうになった部分は切り取って
残りをまたかじらせる、ということを
繰り返していたのですが…

のこり10数センチのものを
ほぼ丸飲みしてしまいました


…で、写真からバレてると思いますが、
ついに胃切開するハメになりました
(袋に入っているのがブツです)

***

火曜の夜遅くに飲み込み、
水曜の朝イチで病院へ行き、
レントゲン&バリウム検査。

かなりの大きさで胃に残っているから
自然にウンチと一緒に出ることは
期待できなさそうだし、
吐き戻そうとした場合に
食道に張り付く恐れがあるから
取り出すしかないでしょう、ということに。

内視鏡では取り出すことができずに
そのまま胃切開になりました。

手術翌日の木曜は絶食で、
金曜から流動食を開始。

画像

 面会に行ったときの写真。
 術後なのにめっちゃ元気で拍子抜け

順調に回復して土曜の夕方に退院

さすがに疲れたのかよく寝ていますが、
食欲は旺盛だし散歩にも行きたそうです

病院ではひもじかったでし…。
画像


こんな手術跡なのに…元気です
画像


***

ずっと気をつけてきたのに
また同じことを繰り返してしまった…

と、自分が情けないやら
ののこに申し訳ないやらで
とても落ち込みましたが、

ののこ本犬は飲み込んだ後も
いつもと変わらず元気だったし、
手術後の回復も早かったのが
せめてもの救いでした。

あと、前々から気になっていた
歯石取りもついでにお願いできたので
「転んでもただでは起きない」ワタクシです

 ※面会の時の写真↑をよーく見ると
  奥歯がピカピカになってるのが分かります


***

これからみみこが動き回るようになると
みみこにも誤飲のリスクが出てくるし、

ののこも、みみこのものを飲み込んだり、
私がみみこに気を取られている間に
何かやらかしてしまったり、というこで

危険がてんこもりになりそうなので
とにかくますます気をつけます…。


ホント、皆様もお気を付けください。

***

せっかく涼しくなってきて
お散歩しやすい時期ですが、
抜糸が終わる二週間後までは
はしゃがせすぎないように
おとなしく過ごします…。

  もう繰り返さないようにね!!
  とカツを入れてくれるアナタ…
 ↓ポチっとよろしくお願いします☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村



↓↓ののこを救ってくれた団体↓↓
画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして、
いつも楽しく読ませて頂いております。
ののこちゃんは、はなくるみさんの所にいる時から応援しております。
我が家のシーズー メル(生後8カ月)も7月に1.5mのリボンを飲んでしまい、開腹手術をしました。突然餌を全く食べなくなり、病院に駆け込みました。
ののこちゃんと同じ検査をしました。
1ヵ月以上胃の中に入っていました。汗
2週間前には子供の靴下を飲んでしまい、その時は子供がすぐに一足無い事に気づき病院に駆け込み吐かせました。見事に吐いてくれたので開腹手術は免れました。1回目の時2度と無いよう注意しますと、先生に誓ったのに。
大人になると治ると思っていましたが。・・・
そうですか ののこちゃんずっと続いていますか
毎日注意をしており、、家も要塞のようになってます。
なにか良い方法はないですかね。
ころころ
2014/09/01 10:58
>ころころさん

応援&コメントありがとうございます!

そして、お互い大変ですね…。

メルちゃん、八ヶ月にしてかなりの大きさのものを飲んでますね(汗)二回とも無事で本当に良かった!

シーズーは構造的な問題で、飲み込むつもりじゃなくても噛んでるうちに喉に入っちゃうみたいですね…。

ののこの場合、カイカイを防止するためにエリザベスカラーを付けてる時間が長くなってからはイタズラが減りました。あんなの付けてたらさすがにかじる気にならないんでしょうね。カラーがストレスになると逆効果だからオススメはしませんが…。

そうやってイタズラは減っても、今回みたいにかじるために渡したおもちゃを飲み込まれることもあるわけで…。「これくらいの大きさなら大丈夫」という思い込みを捨てて対策するしかないですかね…。

かじりたいという欲求がなくなるくらい散歩で疲れさせるのが理想ですけど、それもなかなか難しいですしねぇ。

うーん、地道にがんばりましょう!!
まっくす
2014/09/01 14:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
ついにやっちゃいました… nonokoと一緒に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる